--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/11/30(水)
『美術館2』
海外の美術館巡り。これは国内のそれとはまた感覚が別。
e.jpg


近くに名のある美術館があると「今行っとかないと、次の機会なんてないから~」と思うし、とにかく有名な絵を見て「あ~美術の教科書と一緒だあーー」とこれまたかなりミーハーな感じでした。

続き→

more…
スポンサーサイト
2005/11/30(水)
『美術館 1』
goho.jpg

ココ(ブログ)で旅の思い出を書こうと思い立ってから、久しぶりに古いアルバムめくってみた。すると、美術館や作品の写真が案外多いことに気付いた。
そう、私は美術館がちょっと好き。


といっても絵に造詣があるわけでなく、知識といえばほとんど皆無。でも美術館特有の”襟を正す雰囲気”と、自分の気に入った絵に会った時の”ひきこまれる感じ”がよくて。

写真は、10年くらい前のゴッホ展(丁度今年もゴッホ展で名古屋は沸きかえってるけど)に行った時、気に入った絵のポストカード。
「ひまわり」も「種をまく人」もすばらしかったけど、私はこの絵が一番好きだったな。

あと、美術館が好きな理由もう一つ→
2005/11/29(火)
『あったかGOODS!』
anka.jpg
”豆炭あんか”我が家の冬の定番グッズでした。
3人兄弟で、豆炭を取りに行く役目を順番にしていたのですが、寒いし(外の物置の奥の奥にあるので)暗いし、とても苦手な役回りでした。

でも炭が熾るのを見ているのって結構楽しかった覚えが。
使い終わった灰は、畑の肥料にするのですが、形がぽろっと崩れないように、そぅっと、置くのも小さなお楽しみだったような気がします。

アスベストが騒がれて、「あれ?豆炭あんかの周りにも石綿のようなものがあったゾ」と気になったのですが、調べてみると、「石綿」でなく、無害な「岩綿」が使われていたとかで、一安心でした。



2005/11/29(火)
『ライフワーク』
小学生の時先生から「あなたは豊かな文章を書きますね」と褒められ、学年代表で作文を読み上げたことがありました。たった一度褒められただけなのに、調子にのって、ここからますます書くのが好きになり・・・。以来「書くこと」は私のライフワーク。

中学のとき自由研究で毎日詩を書いたり(この詩集、今あったら見たくてたまらない。子供の頃の方が感性鋭そう)高校でも詩や童話書いたり。短大に入る時は、論文課題がホラーの原作でしたが(怖い話し大の苦手)必死な思いで書き上げたのも懐かしい。でもその甲斐あって、学力ではとても入れなかった学校に、小論文と面接だけでちゃんと合格。

そうして、いろいろ書いて書いて、今に至ってマス。kuroba.gif



続きあり
2005/11/29(火)
『私信』
私信:「ranさんの詩また読みたいです」
   

奥入瀬


渓谷の
激流を追う
目に涙

原生林の
灌木たちが
嗤っている




2005/11/28(月)
『Xmas!』
いよいよシーズン到来、ということで、我が家でもツリーを出しました。

tree.jpg


すると、まさにこの”懐かしいモノコーナー”にぴーったりのモノが・・・。

それは義母が(主人の子供の頃のを)大事にとっておいてくれた昔のオーナメント。
毎年、買い足したオーナメントと一緒に飾るのですが、モールでできたサンタさんってかな~り妙。

o-na.jpg


何が妙なのか、やたら細身だからか、それともこの内股加減か(●^o^●)


ちょっとアップにしてみましょう
2005/11/26(土)
『旅の風景』
旅先の出会い、寄り道したら出会えた風景、偶然広がった自然現象・・・。旅っていいですね。
思い出に一番も二番もつけられないし、つける必要もない。というわけで、その時頭に浮かんだ場所についてふらりと書いていきたいと思います。

sakura


まずは・・・。
2005/11/25(金)
『ノスタルジックな・・・』
kenda.jpg
突然ですが、”蚊帳”を懐かしいと思う方はいらっしゃいますでしょうか・・・? ここでは、そういった私の幼少期(昭和時代の終盤辺り)に思い出されるノスタルジックなGoodsや食べモノを綴っていきたいと思っています。

では早速・・・

2005/11/25(金)
『五行詩』
gogyou  今年応募した五行詩が優秀作に選ばれ、先日掲載されてる本が届きました。これで2度目。五行詩の中で規模が一番大きい公募。なかなか最終まで残れないけれど、これからもがんばっていこうと思っています。

その作品二つ、”忘れないうちに”記しておこうと思います。

<テーマ:絆>         <テーマ:いのち>
バラバラに暮らす       子を産みし感動の日 
一家族              世間は普通の朝であった
心の方位磁針は        普通に迎えた今朝
見事に皆             ふと
同じ方向を指す         どこかの感動を想う 



五行詩ばかりでなく、散文詩もぼちぼちと載せていきたいです。今までの作品はこちらのHPにあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。