--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/11/25(日)
『*本*宇宙*memo*』
最近、眠る前の読み聞かせ時間に選んだ本・・・。

       hon.jpg
どれも心地よい懐かしさ~。
チョコレート戦争、私が読んだの何歳だったかは忘れてるけど、読んでた当時の部屋や空気感、ふんわり思い出してみたり、展開忘れてしまってて、どうなるんだっけ?と新鮮にハラハラしてみたり・・・。ウーフも、車のいろは空の色(白いぼうし)も、教科書に出てきた印象深い話で、これも当時を思い出したり。
今、娘に向けて読んでる幼児向け絵本でも「懐かしいな~読んだな~」と読後あたたかい気分になるもの、もっちろん多いけど、絵本より児童書はさらに当時の自分が成長してるので、覚えてる感情が具体的でよりリアル。母になって、これらの本と再会して、当時の自分にもまた再会してるようで、これもまた母の醍醐味かな~なんて思ったりしてます。           つづく
more…
スポンサーサイト
2007/11/15(木)
『~育て方~』
samp.jpg1時限目から4時限目まで「図工」づくしの「図工競技会」。後日作った中からクラス代表が選定され、展示する、市教育委員会主催「教育展(図工競技会+書写競技会)」が先週末開催されました。

毎年見ごたえたっぷり。子供でこんなに上手にできるの~???発想がスバラシイ!!いろんな感想もちます。特に中学生くらいにもなると、大人顔負けの作品で・・・。見てください、この粘土で作った食品サンプル→
そういえば、中学や高校にもなると、美術部とかに入るような友達って、すっごいレベル高かったな。こういう分野に長けてる子って、生まれながらの「才能」とか「天性」感じますねえ。

sakuhin.jpgその「天性」こそないものの、この教育展、我が息子も、今年初めて選ばれました。息子は何に関しても作業が雑で(折り紙とかも角と角合わせたりしないタイプ)いつでも豪快。展示してあった他の友達みたいに、決して奇麗~にはまとめてはいない作品だけど、カラフルで勢いがあったのがよかったかな。作品選んで下さった先生方に感謝感謝。
作品はこちら↑。今年の2年生のテーマは~身近なもので作る、おしゃれ動物~で、息子のは「おしゃれペリカン」だそうです。

そう、息子は作業がおおざっぱで、器用に奇麗には作れないし、描けないけれど、でも、息子は「図工が大大大大~~~好きっ♪」私はこう育ってくれただけで十分嬉しい。                   つづく

2007/11/05(月)
『*でんぐり&娘*』

以前記事にした、「手作り万華鏡(コチラ)」や「ぬいさし(コチラ)」でも紹介した通り、保育士さんと言われる職種の方たちは、ノウハウ、アイデア、技術がさすがだなーと思うこと多いのですが、ある日ネットサーフィンでたどり着いた保育士さんのブログにこんなおもちゃが載ってて、ちょっと感動!!
「これ、七夕とかでよく見るアレだあ。こんなのが作れるんだあ~♪」と!というわけで、こちらがそのブログに載ってた作り方<こちらサイト>参考に作ったおもちゃです。


日本では「でんぐり」というらしいけど、英語圏では、広げたところが蜂の巣のように見える所からハニカムティシュデコレーション(Honeycomb Tissue Decoration)なんて呼ばれてるものらしい・・・。

折り紙と糊とでこんなのが作れるなんてすごいと思いませんか~?
時間と根気は必要だったけど、今までの段ボール工作からみたら、全然すぐできた方^^
お花型と、それから、残った切れ端、適当に切って、お兄ちゃんにあげたら「わーい、はりねずみちゃんだ~♪」と大喜び。図解付きで書いてくれた、サイト主さんに大感謝です。つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。