--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/03/31(金)
『スーパーおばあちゃん』
我が家のおばあちゃん(お義母さん)は"子ども遊び"がとーーても上手な人。
例えば、子どもたちと数珠玉拾いを楽しんだすぐ後に、その数珠玉でお手玉作ってくれたり、さらに息子自身に針もたせて数珠玉通しもさせてくれたり。アイスクリームの棒が余ってれば、竹グシで竹とんぼ作ってくれたり。

otesei.jpg


絵もうまいし(蚊をこんな上手にかける人ってすごい・笑)、器用だし…。上のラップ芯で作ったイスは我が家で大重宝!。牛乳パックイスも作って、ご近所のちびちゃん達にたくさんプレゼントしてます。つづく
 
 


前にも触れましたが、我が家の息子は図鑑マニア。買うと必ずおばあちゃんトコもって行って、広告の裏やらに模写しまくります。というか、こういう遊びをしてくれるから、余計生き物に興味持って図鑑大好きになったというのもあります。↓写真は昨日また息子がおばあちゃんと一緒に作ってたムシカード。

obaacya1.jpg



おばあちゃんの何よりすごいところは、こうして子供目線で遊ぶこと。私も工作いろいろしてますが、気乗りがしない時とかは、全然だめ。その点、おばあちゃんは、よほどの用事がない限り、短時間でも集中して子供の世界で遊んでくれます。長い時は2時間でも一緒に絵を描いたり、一緒に工作したり…。私は、絵が全然ダメなので、我が家には専属造詣教室があるようなもので、ありがたいなと思ってます。

私がしてる"子供遊び"記事は~こちら参照~、私もこういうの大好きな方。息子が2歳の時同居(玄関だけ一緒で生活は全部別だけど)したから、息子にとっては、そこから日々工作やお絵かきして楽しむ相手が倍になった感じです。2人目生まれてからはすっかりおばあちゃんまかせな感じもありますが(*^_^*)。ちなみに義父も絵とってもうまくてよく遊んでくれます。
子供たちが1階世帯遊びに行ってる間は、私は家事や自分のフリー時間(こうしてブログ書いたりも)。私にとって同居は、(世代間ギャップやらもありますが・笑)総合的にみるとかなり恵まれた環境だと、日々感謝していますm(__)m。

ふじこ
おぉ!確かに蚊がうまい!
キャラクターっぽい絵に逃げてない所が凄いですね
いずれ、子供が大きくなったら色々遊んであげたいけど
義母さんが、器用な方で羨ましい!
2006/03/31(金) 11:24:03 | URL | [ 編集]
yayoism
数珠玉懐かしい~
親が共働きだしおもちゃも買ってもらえなかったので自分で作る&探すしかなくてよく作ったな~数珠玉のネックレスとか…
そういう風に考えると買ってあげるばかりが子どもの幸せじゃないってしみじみ実感しますね。
ちゅまさんの所にくると改めて思いださせてもらい感謝します。またまた散策したくなってきたな~
2006/03/31(金) 13:15:40 | URL | [ 編集]
カラメルクリーム
えらいな~。おばあちゃんの子供目線な遊び方を聞くと、私も自分の子供たちにそこまでして遊んであげたいな~。って思うなぁ。自分がおばあちゃんになった時、孫にはきっとできそうなんだけど。
自分の子供たちにも遊んであげたいな~♪
春休みだしね!・・・とはいえ、子供は子供同士のほうがいいみたいだけどね(・ω・;A)アセアセ…
またおばあちゃんのお話聞かせてくださいね♪
2006/03/31(金) 13:52:56 | URL | [ 編集]
amies
こんばんは☆
帰宅しましたーー(^o^)丿
同居って、本当は素晴らしいことだと思います。
ちゅまちゃんは苦労はあるかもしれませんが、
この先、もっともっと感謝すると思いますよ。
第一、素敵なご両親ですよ!
子どもたちにとっても、凄くいいと思いますし…。
+思考で、これからのどんどん素敵な同居、続けてね!(^_-)-☆
2006/03/31(金) 19:50:10 | URL | [ 編集]
あんっこ
すご~~~い!!すてきなおばあちゃま。幸せなお孫さんだわぁ~~
大変なことも多いのかもダケドこういうところは同居の一番の特権ですね。ちゅまママの優しさでうま~くおさまってるのかなw
2006/03/31(金) 21:53:01 | URL | [ 編集]
karat
子供の目線で遊べるってすごいですねぇ!!
しかも、とっても上手ですねぇ♪♪
息子くんも上手だけど、おばあちゃんお手製のイスはお見事です!
まさに、スーパーおばあちゃんですねo(*^▽^*)o~♪
蚊がかなりリアルで笑いました!!
2006/03/31(金) 22:15:07 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/31(金) 23:02:53 | | [ 編集]
cyama
ホント、いいおばあちゃんだね~(*^^*)
ちゅまさんもエライね~!
同居ってさ、一般的にはマイナス面ばかりが出てきて
色々あるだろうケド、そうやって前向きに考えられるのが
やっぱりちゅまさんなんよね~(。ゝω・)σ
もちろん、おばあちゃんも素晴らしい人です!
いいね~そうゆう嫁姑関係♪
2006/03/31(金) 23:11:37 | URL | [ 編集]
ちゅま to ふじこさん
なぜに"蚊"という感じですが・笑
絵上手なんですよお。
私も義母ほどではないですが、子供目線にたつこと大好きです。
子供は目、生き生きして食らいついてきますから(^o^)丿
ふじこさんも是非お子さんと色々楽しんでくださいねえーー。
2006/04/01(土) 20:56:06 | URL | [ 編集]
ちゅま to yayoismさん

私も数珠玉ネックレス作ってましたよおヽ(^o^)丿懐かしいですね。

おもちゃ私の幼少の頃も少なかったです。でも少ないからその1個の
おもちゃのことよーーく覚えてたりもしますよね。兄弟でよく遊んだ
ボードゲームとか・笑。あとその分自然遊びもよーく覚えてるし。

自然遊びの方は、いつの時代の子供も好きなはず。お互い子供と
たくさん楽しみたいものですねヽ(^o^)丿。
2006/04/01(土) 20:57:09 | URL | [ 編集]
ちゅま to カラメルクリームさん
>自分がおばあちゃんになった時、孫にはきっとできそうなんだけど。
そうそう、そこです。孫だからできるってのも絶対ある・笑
主人の子供の頃もそうだったか聞くと、「遊んでもらった記憶より
怒られてたことの記憶しかない・・・笑」
ホントのところは分かりませんが、孫のように?かどうかは謎ですねえ。
でも、自分がおばあちゃんになっても、義母ほどは遊べないなあ。

春休みホント、子供同士のテンションの高さには誰もかないません・笑
2006/04/01(土) 20:57:40 | URL | [ 編集]
ちゅま to amiesさん

お帰りなさい。いろいろとお疲れ様でございました( ^-^)o旦~~ ♪

amiesさんの言うとおり、同居バンザイって思ってますよお、私。
これも生活全く別にしてるから言えることなんだけどね。
特に育児期、助けてもらってる部分が多くて、マンションで核家族して
た時よりずーーーと精神的にも楽です。

助け合える義母義父が一緒に暮らしてて、で、実家もまあわりと近くで・・・
恵まれてる。だからこそamiesさん達みたいに、双方の親元と離れて
がんばって子育てしてる人、心から応援したくなるし、偉いなって思ってマス(^_-)-☆
2006/04/01(土) 20:58:52 | URL | [ 編集]
ちゅま to あんっこさん
なんでこんなに子供と長時間遊べるんだろうと感心するほどです。
孫と遊ぶの疲れてしまったり、苦手なおばあちゃんも多い中、
幸せな子たちだと親の私から見ても思ってますねえ。

でも、もし、ご飯もお風呂も洗濯も、みーーーんな一緒だったら、
こんな悠長な記事書けてないですよお(*^_^*)
2006/04/01(土) 21:03:41 | URL | [ 編集]
ちゅま to karatさん
イスすごいでしょお!!
ラップの芯のアイデアと布のコーティングが最高に。
こういう面かなり尊敬してます。

親戚の子たちからも大人気のおばあちゃんです!!
ありがい存在なんですよお(^o^)丿。
2006/04/01(土) 21:04:48 | URL | [ 編集]
ちゅま to - さん
コメントありがとうございま~す

以前おばあちゃん作のおひなさま見たときすごいなって
思いました。大切にしたいですものね。
お互いきっといろいろあるとも思いますが・・・笑
2006/04/01(土) 21:06:54 | URL | [ 編集]
ちゅま to cyamaさん
関係は今のトコかなり円滑ですよお♪
手作りお菓子のおすそわけもかなり効果ありでね(^_-)-☆

ただ、やっぱり実母と違って、いいたいことは言えないし、
「もう~~(>o<")」って思うとこもあります。あ、おばあちゃんの
方が私に思ってることのが多そうだけど・笑
まあ、他人だし、そんなのは当たり前。今まで通り仲良くやって
いきたいなあーと思ってるんですよお(^_^)v
2006/04/01(土) 21:07:46 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
竹とんぼ竹とんぼ(たけとんぼ)とは、プロペラと軸によって構成される日本の伝統的な飛翔玩具である。素材として竹が用いられることが多いため、竹飛ぶ棒(竹トブボウ)、竹飛ん坊、竹とんぼの名前となったともいわれる。起源一説には江戸時代の平賀源内が作ったという説もあ
2007/09/30(日) 16:03:09 | 子供の遊び・文学いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。