--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/06/08(金)
『Before I forget.』
sitamuki.jpg
娘の給食ですが、元保母さんだったママ友達に「給食がんばったねカード作ってみたら」のヒントもらって、早速作成。そんなのもかなり励みになった様子で、先週から、少しず~つ、口つけてくるようになりました。予想通り、胃腸風邪と点滴が、いいきっかけになってくれてヨカッタ!!

もちろん絶好調な日ばかりでなく、相変わらずめそめそで食べられない日が続いたり、でも、ちょっとはがんばれる日があったりで、まだ波々。ですが、前みたいに、絶対全面拒否じゃなくなっただけ、とっても気が楽になりました。

あとは、先生といろいろ話してみて、給食に限らず、まずは幼稚園生活トータルで笑顔いっぱいになるよう、長い目で見守りましょうという感じになりました。先日初めての参観日、クラスのみんなが前に出て、オルガンに合わせ、笑顔で歌う中、娘だけ、いつもの雰囲気と違って不安だったのか?、着席したまま大大号泣でした。やっぱり小さい頃からの人みしりの強さ、共同生活の適応というのにも、響いてるのは事実かなあ。だからこそ、あれほど私べったりだった子が、泣いてでも向こう側で着席してる、時々泣いてでも、園生活してる、それだけで偉い、嬉しいと思うことにしています。

"給食"に関してだけは健康のこともあり、私も焦ったり、はらはらしたりしたけれど、それも今回の一連の働きかけを通してとりあえずは一段落。あとは幼稚園での娘なりの成長を、皆さんからのアドバイス通り、"ひたすら見守る姿勢"に徹するしかないな^^、ま、気長にだなあ・・・・と覚悟しております。 

がんばってねの励まし、アドバイス嬉しかったです。ありがとうございましたm(__)m。  つづく
 
前回記事が、「さあ、娘の給食来週からどうなる???」みたいな終わり方だったので、そのうち記事更新しようと思ってたのですが、心そわそわ落ち着かない日々のせいで、ちょっと間空いてしまいました

そわそわの内容とは。。。


私 :「(検診で見つかった胸の影)多分何ともないと思ってよいのでしょうか?」
医師:「そうですね、大丈夫だと思いますよ」
私 :「(ほっとしながら)そうですか、あ、でも最悪悪性という可能性・・・」
医師:「そうですね、ないわけではないですね」
私 :「ですよね~(フゥゥ~~)」

これ、5月中旬の病院での会話です。

私、娘入園したら、即実行したいことに「人間ドックに行く!」というのがあったんです。勤めてた頃は検診は職場からの斡旋で行けたけど、結婚して以降は、子供がいると、自分の検診時間ってなかなかとれず、二人の出産時に、部分的に検診しただけ。で、入園を機会に、これからは、家族のために健康でいないといけない。40歳からは、市の助成で安く検診受けられるけど、あと数年全部自腹(人間ドックコース+OP=5万円位)、家計には響くけど、健康はお金で買えないし、家族のためにも、毎年受けるぞ!との決意ででかけました。
当然、どこか悪いという自覚もないから、「問題ないです!」との言葉を聞くためにだったのですが。。。。

人間ドック当日、お呼びがかかり、「乳腺に4mmの小腫瘤が複数」
と告げられたからさあ、大変。
普通2cmくらいのしこりで気づくらしいから、当然気づかない小さな腫瘤。そこから、次の精密検査までの1週間、悪い方、悪い方考えて、脂汗でそうな、嫌~な感覚、嫌~な期間。で、検診明け、初めての精密検査後が上のような会話・・・。そこでも結果出ず、また次回へと持ち越し~。

そう、乳がん検診って、いろんな検査段階があって、1日行って白黒つく、というものじゃないらしく、実に1カ月かかって、やっとやっと生体細胞検査も全部大丈夫、影は乳腺の一部だった、という嬉しい結論にたどりつくことができました。

だから、検査から検査までの期間、いろいろ考えてかなりナーバスになってました。待ち時間雑誌開いて、目では文字追ってても、気持ちはうつろ~~みたいな感じで。
もしも悪い方の結果がでた時、切除?温存?とか、そういうのは意外とサバサバわりきれたし、今回は早期発見してもらったから、もし悪性でもきっと治るだろう、ラッキーに考えよう、とは思えたけど。ただ、その先、もしかしたら、残りの人生、転移とかそういう不安な気持ちを抱えて過ごしてかないといけないのかなあと、その辺りの気持ちがものすごい辛くって。テレビや新聞で「がん」という言葉を見聞きするごとに(Zardの泉水さんのこととか)ドッキリ、もう、へろへろだったなあ。

子供がいつも通り兄弟喧嘩しても、その光景すら、自分が大きい病気かもしれないこと思うと、たわいな~い、平和なことに思えたり、逆に、病気かもしれないのに、あなたたちは、もう。。。とイライラしたり。
どんと構えたり、不安に思ったり・・・。気持ちの起伏も大きかったです。



でも、さすがに、2、3週間くらいで、思い悩むのに、疲れ、もうどうにでもなれ、がんばろ、と開き治ったころ、今度、残りの人間ドッグの検査結果が郵送で届いて、また一つ「血管に関して要精密検査」のお達しがあって、またまた凹み直し~。
結果、これも、数回病院で検査して、CTスキャンってのも初体験で(造影剤、全身の血管にお湯が一気に流れ込む感じ、もっのすごい妙~な感覚だったぁ)検査してもらって、全く問題ないこと確定し、これもようやく一安心・・・。


てなわけで、結果見てみれば、まるで、何ともなかったのですが。
この一か月間、病院で不安な検査検査の繰り返し。

ただ・・・・
周囲の皆に聞いてみたところ、検診でひっかかるというのは、よくあることで、ほんの少しの疑いでも念のため要検査になるらしい、それが検診そのものの意味、な感じだそうですね。


私は子供のころから病気知らずで、わりと健康だったので、平和ボケならぬ、健康ボケな感じ。で、たぶん、今回は2か所もひっかかってそれが、2つとも大きな病気に直結する部分だっただけに、かなりうろたえたと自己分析します。


検診前は、超健康体だったけど、検診受けたら、急に気弱な気持ちになって。病気で病気になるとはよくいったものです。でも、これって、すごい体験だったな。私、一番辛かった時、もしこの胸の影が悪性じゃなかったら、自分は生まれ変わった感覚になろ、もう1回命もらった気持ちになろ、と思った!!今まで考えてもみなかった、自分の命の端っこを、ほんの一瞬でも感じて、生きてるだけで、生きていけるだけで、ホントうれしいことなんだなと痛感したのです。子供の笑顔が寝顔が普通に見れる。ご飯食べれる。普通に暮らせる・・・。


そういえば、5月GW中、娘、階段転落事故なんてのがありました。
そして、今回の、私の目の前にすりぬけてった、大きな病気の気配。
それから、新しく芽生えた、甥っこちゃんの命。
1カ月の間に、病院で見かけた、たくさんの人の悲哀や安堵。
(病院という独特の空間にいると、実にいろんなこと考えますね)



家族の命、
自分の命。
人の命。
病気の人の気持ち。
病気の人を支える家族の気持ち。


普段は当たり前過ぎて深くは考えないことが、この5月には、降りかかるように、私にのしかかってきた気がします。
そして、これはすごく意味のある経験で、もうちょっとこの先も、かみ砕いで考えないといけないことなんだろうな、と思ってます。


プライベートな病気(かもしれなかったこと・笑)を、大公開のココに書くのも変かなと思ったけれど、自分の気持ちの吐き出しだし、もしかしたら、数年後、またこの時のことを忘れてる自分へのメッセージにもなるし。

それに、ほんの少し、検診って大事だよ、というメッセージになればと思って書きました。



今現在、自身の、それから、ご家族の病気と闘ってる皆さん、前向きになったり、凹んだり、私の1カ月のような期間をずっとすごしていらっしゃるんだろうな。強い気持ちの時ばかりじゃないかと思いますが、周囲の方たちに支えられて、どうかどうかがんばって下さい。
この世の中の、みんながみんな、健康で心穏やかに過ごせる日がくるといいなと、心から願いますm(__)m

1カ月分の想い、いつもに増して長々と読んで頂き、どうもすみません、ありがとうございましたあ(^_^)/~~~
カラメルクリーム
うわ~!読み応えあった!!

まず、給食の件、がんばりカード、いいアイデアですね♪
そしてじっと見守るって覚悟も素晴らしい・・・・。
そこにたどり着くまで色々考え悩んだんだんだろぉなって思います。
大丈夫、大丈夫!!

病気の件、わかる気がする・・・・。
私もそんなことあったんだぁ~。
救急車呼んじゃった。
最近は元気にやっています。
母の日のお手紙、長男の下書きの紙に「わかいうちになくならないでください」って書いてあったんだ。
子ども達のためにいつまでも健康でいたい!健康でいなくちゃ!そぉ思います。
人間ドックも行かなくちゃって思いました。
ありがとぉ!

2007/06/08(金) 22:49:47 | URL | [ 編集]
☆ミユキ☆
まーちゃん頑張ってるね。相変わらず根性入ってる。偉い、偉い!!
病気の不安な気持ち、自分のことのように読み進めてました。とりあえずは安心の結果で良かったね。オツカレサマ。
ご存知のとおり、私も例の病気を宣告され、途端に色んな症状が出始めて体調不良が続いているし、それを自分のブログに書き記しているから、そのことも不安にさせてしまったかな・・・とか、色んな検査を受けるたびに不安になったり、検査結果にガックリしたり、自分がかなり不安で落ち込んだこともあって、そんな気持ちは、誰よりも分かるつもりなので、ちゅまちゃんの文章を読んでてなんともいえない気持ちになったよ。
ホンマ、人間ドックは自分の健康の再確認をするため、病気の早期発見をするため、本当に大切だなーとこうして病気になってみて思いました。
人間ドックって、高いんだねー。私は職場の附属病院でお安く済むから助かってます。我が社の場合は、奥さんドックってのあったけど、ご主人の職場ではないのかな??お値段聞いてビックリでした。
2007/06/09(土) 00:27:18 | URL | [ 編集]
みなちゃん
心落ち着かない日々を過ごされていたんですね…。
検査の結果が大丈夫との事で本当に良かった。
自分と重ね合わせて読んで《うんうん。分かる分かる》って、胸が熱くなりました。(実は私も良性ですが腫瘍持ちなので)
悪いことばかり考えちゃって、子供との時間が残り少ない気がして、何をやってても凄く大切な時間な気がしますよね。
この気持ちを絶対に忘れるもんか!って思うのに私はその気持ちを維持出来ずに、すぐ些細な事でガミガミしちゃうんですよ・・・(反省)

本当に心に雲がかかった辛い時間だったと思いますが、それによって見えた事も沢山あったようですね。
ちゅまさんならこの経験をきっと今後の人生に生かして、更に素敵な時間を過ごす事が出来ると思います!

P.S こう言う経緯の中、あの製作LOを作ったのかな・・・と思って、改めて作品を見たら、ちゅまさんの子供達への溢れる愛情が伝わって、涙が出そうになりました。本当にあったか~い作品!
2007/06/09(土) 14:04:03 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/09(土) 21:03:15 | | [ 編集]
たんたん
なんか、元気ないなぁなんて直感してたんだけど、Mちゃんの給食のことだけじゃなかったんだね。ホントおつかれさま。自分の体のことって何よりも気になるよね。可愛い子どももいるし、ホント今倒れたら困る!っていう自分のこころが常にあるし。今は、妊娠中も乳がん検診やるようになってあたしもドキドキしながらやったもの。今はうちは旦那の体が心配だよ・・・。やっぱり何よりも健康が第一だよね。その他の小さい悩みなんてどうにかなるもんね。どうにかこうにか家族で乗り切って笑って生活したいよね。あたしも元気出そうっと^^
2007/06/09(土) 23:38:26 | URL | [ 編集]
STAR&FINE
ありがたい健康・・・でも忘れがちな健康。私も5月はパパさんの怪我を通じて家族のあたりまえのようにある健康・・・そして、特にパパや私の親としての責任の健康に思い知らされました。
ちゅまさん、雑誌をぱらぱらめくりながら頭に入ってこない、ぼや~んとした抜け出せないモヤって表現わかります。
本当にお疲れ様でした。イロイロ不安があるなかで常に自分の中で消化してから言葉にする、そんな姿は母として今私が一番培いたい強さです。
給食のこと、こんなちゅまさんだからこその、結論・・・ひたすら見守っていくことができるのだと思います。
母の強さあってこその、結論だと思います、集団ってついつい、子供たちのできないところに目を向けてしまう場所になりがちだけれど、そこを見守ってあげれることは、やっぱり乗り越える強さにつながっていくんだろうなぁ・・・。がんばってくださいね。そして、健康でいてあげてください。
私も健康にすっかり甘んじています。すべての生活は健康でこそ!!私にもずしんと響きました。
2007/06/10(日) 02:54:15 | URL | [ 編集]
ちゅま to カラメルクリームさん
久々更新なのに、すぐ目に留めてもらって、ありがとね。
給食の励ましも感謝です。
子供と一緒に親の気持ちも成長しないとな!
がんばろ。

病気、そろそろいろいろある年齢なのでしょう。
カラメルクリームさんも、大変だった時あったんですね。
救急車なんて言ったら大ごと、驚きました。
>長男の下書きの紙に「わかいうちになくならないでください」
これも痛々しいエピソード。長男くんも、ママの身に
起こったこと、心配したり、小さいなりにいろいろ
考えたんだろうなあ。

うん、お互い、子供のために、健康でいたいね、
健康でいなくっちゃねぇ(#^.^#)

2007/06/10(日) 21:14:58 | URL | [ 編集]
ちゅま to ミユキさん
私のつぶれそうだった時の気持ち、今までたくさん
乗り越えてたミユキさんって、ほんとお疲れ様だった
なあ、って今回病院居る時、思ってました。

あと働き盛りの男の人が「健康診断で要検査だったので・・・」
と病院来てるのもよく見かけたけど、この人も、普段はスーツ
着てバリバリやってるだろうに、今日は一転ものすごい弱者
のようになってて・・・辛いだろうなとかも思ってました。
病院って、病気って、人をメタメタ弱くするね。人格
変わってしまう。。。

私は一段落だけど、ミユキさんはいつが一段落なんだろ。
力になれることあったら言ってね。

奥さんドック他の会社で使ってる友達がいて、聞いたけど、
ウチは35歳か40歳か、これも年齢制限でまだ少し使えない。。。
検診代高いから、つい自分のことは先回しって主婦も多いらしい
です。治療も、こういう検診も、保険適応範囲、いろいろ広がる
とありがたいのですが!!
2007/06/10(日) 21:16:22 | URL | [ 編集]
ちゅま to みなちゃんさん
そうっかぁ、こうしてみると、みなちゃんさんも、みんなも
やっぱいろいろあるだ。当時、ホントにお疲れ様でしたm(__)m。
書いててくれる通り、この経験この先につなげないと!私も、
記憶が風化しちゃう時もあると思うけど、この記事や皆さんの
コメント読んで時々思い出すようにしないとな!

>子供との時間が残り少ない気がして、何をやってても
>凄く大切な時間な気がしますよね。
ホント、そういう心持ちになってた時ありましたぁ(;_;)

そう、スクラップブッキングって、思い出を形にって感じ
ですよね。あまりに凹んでる時はできなかったあ。でも気持ち
落ち着いたら、丁度2つイベントもあったし、今度は現実逃避
って感じで、で結構夢中で作ってましたねえ。
またこの先もいろんな気持ちのこもったLO作りたいものです。
いつも作品見て激励してくれて、ありがとうねえ^^
2007/06/10(日) 21:16:49 | URL | [ 編集]
ちゅま to - さん
-さんの大きい包容力と、優しい人柄、その根底にあるものが、
頂いたコメントで理解できた気がします。

私も、今回、大きな転機として受け止めて、幅の大きな
人間になるきっかけになればいいな。
娘のことも励ましありがとう、がんばります(^o^)丿
2007/06/10(日) 21:17:06 | URL | [ 編集]
ちゅま to たんたんちゃん
私、ほんの少しでも、元気なく見えてたんだあ(#^.^#)びっくり。
元気にしてるつもりでも、伝わるもんだな。
それから、微妙な変化なのに勘付いてくれてたなんて、
ちょっと嬉しかったりもしたよ、サンキュー。

たんたんちゃんのご主人の件もさー、読んで、そうなのかあと
それも私の中で、心そわそわした一つだったよ。なかなか不安な
ことって、表に出すことってないけど、みんないろんな思い抱えて
生活してるだね。健康第一、ホントお互い家族で乗り切って、笑顔で
楽しみたいね。

#今日は元気におたまじゃくしとりしたよ!私の気分もかなり復活です☆
2007/06/10(日) 21:18:10 | URL | [ 編集]
ちゅま to STAR&FINEさん
STAR&FINEさんのパパさん事件、これもこれも、私には
ぐっときた出来事。普段の生活の周囲、それからブログで見聞きする
出来事、このひと月いろんなトコで「大変(+o+)!!」が多くて、自分
の検査とそんなのと・・・で、まとめて、いろいろ考えること多かった!

私もこれを機会に真面目に検診にとりくむつもり。STAR&FINE
さんも、お子さん小さいから、なかなかスグは難しいけど、機会があれば
ぜひ検診など!お互い、家族のため(自分の努力出来る範囲で)健康で
いましょうね。

幼稚園のこと、ひたすら見守る姿勢もがんばります。強くなりたいけど、
実際はなかなか情けない私。心配症でついつい感情が先走りがち
なんだ。「でも大きくなったら、きっと今の娘の涙涙も笑いごとサ。」
そう自分に言い聞かせ、強い母になれるよう、私自身も成長していき
ますっ(^o^)丿いつもあったかいコメントありがとね。
2007/06/10(日) 21:19:38 | URL | [ 編集]
だじゃれパパ
こんばんは。
娘さんの給食の件は、だんだん良い方向に向っているようで良かったです!
幼稚園生活も集団生活に序々に慣れてくると思いますよ。
ちゅまさん、ハラハラの1か月だったんですね。
本当に何事もなくて良かったです。
少しでも、怪しければこうやって検査して、何事もないことを安心した方がいいですよね。
私もCTとって検査した事があるんですけど、すごい不安だったですね。
改めて健康っていいな、家族っていいなって思いました。
あとブログを読んで、妻が健康診断を最近やっていない事に、はっと気づかされました。
会社の健康診断で自分だけが検診やってました。
そうですよね。こんな簡単な事に気づかない私も相当アホですけど、本当に助かりました。
妻に検診をちゃんと受けてもらうようにさっそく言ってもみます。
2007/06/10(日) 23:11:57 | URL | [ 編集]
bunnynose
お嬢さんの給食、頑張ってるみたいですね。
ちゅまさんの日記を読んでて人見知りの激しかった長男が2歳で半日保育を始めたときのことを思い出しました。彼は初めの2週間、私が離れてから迎えに来るまでの4時間、ドアのところでゾンビ状態でたち続けてたそうです。
それはさておき、ちゅまさん、検診の結果ドキドキでしたね。私も検診なんてこちらに着てからは受けてません。なので、ちょっとドキッてさせられちゃいました。何事もなくてなによりです。
2007/06/11(月) 05:48:54 | URL | [ 編集]
ちゅま to だじゃれパパさん
給食のこと、前記事より気にして頂いてありがとうございました!
娘、ここ二日ほど、少しは食べてくるようで「給食食べてると、食べて
るね!とみんなにっこりして言ってくれるの!それで(自分も)にっこり
してる」なんて、ほほえましいエピソード話してくれてウレシイ私。
ちょっといい流れで喜んでます。

ところで、家族って、誰が病気になっても、均衡保てませんよね。
ママさんも、機会があれば、是非検診おすすめしまーす。
もちろん、大丈夫です、どこも悪いとこないって太鼓判おされる
ためにね☆彡

CT検査したことあるんですね。あのものものしい機械、何だか
冷や汗でしたよね。でも、機械入りながら、技術の進んだ国でよかったーー
とも思ってましたけど^^
今後もお互いの家族、健康で!!
2007/06/12(火) 20:36:55 | URL | [ 編集]
ちゅま to buunynoseさん
長男さんも、人見知り強かったんですねえ。
一人目だし、buunynoseさん心配したでしょうねえ。
大変だけど、こうやって親も子も成長していくのかなあ。

検診結果、悪かったら、もうこの先の生活変わってましたよぉ。
だからホント、普段の生活に戻れて何より!
検診なかなか自分のために行く機会ってないですよね。
日本とアメリカって検診内容って一緒なのかな。次回帰国記念に
日本で検診ってのもありでしょうか^^
2007/06/12(火) 20:37:19 | URL | [ 編集]
reori
とてもかみ締めて読ませていただきました。
かすめて行った大きな病気、とても人事とは思えなくて・・・
主人のお母様がこの間の緊急手術で摘出した子宮と盲腸そして卵巣。
この決断をしたのは本人なのだけど、それが今となっては自分の命を自分で守ったという結果になっていて家族で青くなっているとこなんです。お医者様は部分切除でもいいと進めてくれていたけれど、どうせなら全部とってと本人の希望にしぶしぶ了承。
後での病理解剖の結果、小さな腫瘍(いわゆる癌の赤ちゃん)が摘出されてたの。開腹してしまうと腫瘍は大きくなるのも早いみたいなので、本当に全摘出して転移の心配もない状態みたいで胸をなでおろしました。
ちゅまさんのおっしゃる嫌~な感覚っていうのもとてもよく、本当に身をもって感じました。
健康って本当に宝物ですね!
ちゅまさんが何事もなくて私もとても嬉しい!
お互い元気に年を取りましょ~ね笑(*´▽`*)ノ゛
2007/06/13(水) 01:59:37 | URL | [ 編集]
みや
娘さん、給食がんばっているようですね。
少しでも、食べれるようになると、自信もついてくるでしょうね。
園生活も楽しくなってくるでしょうし・・・がんばれ~~

そして、ちゅまさん、人間ドックに入られていたんですね。
私は、なかなか足が運ばすで・・・
実は、検査自体が怖かったりします。(ーー;)
もちろん、結果も怖いけど、異常を見過ごすことのほうが怖いですよねぇ~
私も今後、検診、考えてみようと思いました。
ちゅまさんも、晴れて健康と太鼓判を押してもらい、安心しましたね。
健康一番ですもんねぇ~~
2007/06/13(水) 11:01:19 | URL | [ 編集]
けい
こんにちは。
人間ドックお疲れさまでした。何ごともなく良かったですね^^
検査、って言葉だけで、ブルーになりますよね。
私、どうも「自分は健康!」って思い込もうとしちゃっているトコがあるので、少々考えを改めなければ・・・。
人間、平凡でも健康な日々がいちばん!

娘さん、給食、頑張っているようですね。
園での笑顔をまず第一に、という、ちゅまさんと園の考え方、とても素敵です。
そのあたたかさに囲まれていたらきっと笑顔いっぱい生まれますよ♪
2007/06/14(木) 09:57:22 | URL | [ 編集]
ちゅま to reoriさん
お義母さん、それはそれは、そ~れは大変でしたねえ。
結果、見事どんぴしゃでしたねえ。誰でも決断できる
ことではないと思います、お義母さん偉いし、従った
ご家族も、ご心労、ホントにお疲れ様でした。

>小さな腫瘍(いわゆる癌の赤ちゃん)が
そうそう、これこれ、私もこれにおびえてたのです!

でも、もうクリアになったし、あとは、ホント
フツーにおばあちゃんになりたーい。
ハイっ、お互い、元気に年重ねましょうね(^o^)丿
2007/06/14(木) 20:53:23 | URL | [ 編集]
ちゅま to みやさん
給食、今週に入ってかなりいい方向。
それに合わせて、みやさんの言うとおり、園生活も
ちゃんと楽しくなってるようで、嬉しいです☆彡

人間ドック、気楽に考えてたけど、結構
シビアな期間になっちゃいました。
あ、でも結局は問題なしで、よかったんだけどね。

>もちろん、結果も怖いけど、異常を見過ごすことのほうが怖いですよねぇ~
そこなんですよねえ。みやさんも、ドキドキだと
思うけど、今回の経験から、検診おすすめしまーす(^o^)丿
2007/06/14(木) 20:53:51 | URL | [ 編集]
ちゅま to けいさん
ホント、検査、しかも精密検査なんて聞くと、ぺっこりですよお^^
自分は健康って思いますよね。私も全くそういう人で
父に「健康の自慢だけはしていけないよ、人間いつどうなるか
分らないよ」と言われ続けてたのをやっと納得。
自覚ないだけで、怖い病気ありますからね~。

けいさんも、市の健康イベントなんかで、簡易検診とか
あったら、一度おすすめですよお。
なんて、今だから言うセリフだけどね☆

園での笑顔、うん、これを目標に忍耐強くがんばります。
こむぎちゃんみたいに、元気に元気に通園してほしいな。
で、こむぎちゃんのように、いつかがっつり食べて欲しい(*^_^*)
2007/06/14(木) 20:54:27 | URL | [ 編集]
N.V.改めQue-sera
うわ~・・・、どきどきしながら読んじゃったよ。
なんでもなくってホント、良かったね。
健康ボケ、私もだよ。健康診断なんて、ここ何年行ってないかな~。
大事な家族のためでもあるから、そろそろ考えようかな
(それにしても高いね・・・)。

Mちゃんのこと、そうやってあせらずに彼女のありのままを
受け入れて見守ってあげているちゅまちゃん、えらいね。
そうすることがMちゃんにとって一番いいことのように思えるよ。

2007/06/16(土) 04:43:08 | URL | [ 編集]
HA☆NA
お嬢さん、頑張ってますね~♪
幼児は個人差が激しいので、集団生活にすぐ溶け込める子もいれば、なかなか順応できない子、いろんな子がいるのが当たり前ですよね。
給食も少しづつ食べられるようになって、お嬢さんんなりに一歩一歩着実に成長してますよね。
年少時は1年間毎日泣きながら園バスに乗って登園、
参観日やお遊戯会など父兄が集る日には必ず大泣き、
年中さんになっても、そんなお子さんいますから・・・子供自身が少しづつ慣れるのを待つしかないかもしれませんね。
影ながら応援してます♪

検査、検査って大変でしたね。
でも、何もなくてよかったです。
最近若くして病気で亡くなる方がいるので、人事とは思えませんよね。
私も健康には自信がある方なので、定期的に検診する必要性を痛感しました。
2007/06/18(月) 15:24:37 | URL | [ 編集]
ちゅま to Que-seraちゃん
HN変更ね、了解!
Que-seraちゃんこれからもヨロシク(=´ー`)ノ

健康ボケするよねえ。ただQue-seraちゃんは、例の職場で、わりと
最近まで受けられてたのではない?私なんて受けなくなって10年
くらいだよお・・・さすがにちょっと不安で^^
うん、ドキドキの期間だったけど、よかったです。

はーい(^o^)丿 娘のことも、気長に見守ります。
参観日では、泣いてる娘を、冷静にビデオにおさめてた私。
今は泣いてるけど、これも大きくなれば思い出サって思ってね。
2007/06/18(月) 20:43:38 | URL | [ 編集]
ちゅま to HA☆NAさん
コメントありがとうございまーす。
年中さんになっても。。。そうですよね。みんなまだまだ
生まれてほんの数年。しっかりパキパキできる子ばっかじゃ
ないですよねえ。ついつい、心配してしまいますが、
娘の個性をどっしり受け入れる、ふところの大きい母になりたい
ものです^^

検査も大変でしたあー。
やっとここ2週間くらいすっきりした気分で、ほんの少し
自分時間も楽しめるようになってきました(^o^)丿
HA☆NAさんも、出産や授乳期間でしばらく受けられないと
思いますが、落ち着いたら、是非一度!!
2007/06/18(月) 20:44:14 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。