--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/11/04(火)
『//子供の言葉//』
お兄ちゃん、市の文芸祭「詩部門」入賞!!
poem.jpg 

        

        竹やぶの竹

 

  竹は虫と歌ってる

  いろんな音を歌ってる

  ぼくには聞こえてた

  ここにいる

  ぼくには聞こえてた

 

  でも今は聞こえない

  竹やぶ

  なくなっちゃった

 


ずっと以前<こちら>で記事にしたことがある"裏林伐採"彼の心には印象に残っていたのかな。端的でいい詩ができて、ちゃんと入賞もできてヨカッタです。が、これ生み出すまでに大変だったあ~p(´⌒`。q)      つづく
poe.jpg

初めて応募したのは、去年<こちら>の詩。"詩"ですが、息子にとっては「ありさんにメッセージを!」という私の誘導、そそのかしに乗っただけ、"詩"というものの、意識はまだありませんでした。でも、『ありさんよ』を書いてスグくらいから、学校で詩を習ってしまった。いい詩があるということも分かってしまった。というわけで「詩という作品を書かなきゃ」という意識が先に立って、何か伸び伸びとしない。


今回は、「妹」で何か思いつく?「石ころ」とかはどう?と私がお題を出して、何か言ってってよ、書き取るから、みたいなスタイルで詩を作っていったのですが、なかなかこれがj難しい。

si.jpg
例えば「お母さん」という題ではどう?というと
「お母さん お母さんはやさしいけど おこる時もある でもそれは 僕のこと思って 怒ってくれてるんだと思う だから・・・」 こ~んな感じで、作文を短文で区切って話してくれるだけで、飛躍もひねりも感動の表れもない。とはいえ、飛躍やひねりや感動なんて、簡単に出てくるものではないもんな~。「よし、やめよっか」とその日は創作やめ。で、また作品締切日が近づいたある日「心機一転今日また作ってみよう!」と励まし、お題出し始めたけど、またもや同じ展開。う~ん、今年は出品やめようかなとも思ったけど、ふと思いついて、「詩のえほん」を見せてみた。お兄ちゃん年長さん時、毎月届く「こどものくに」その一冊でもらってきたもの。



『ありが
 ちょうのはねをひいていく
 ああ
 ヨットのようだ
  (「土」三好達治)』

のように、子供にも読みやすい詩がたくさん載ってる本。
そうして、これ読み終わった後、作ってみると

「竹は虫と歌ってる
 いろんな音を歌ってる・・・」
って言い出して、そうそう、いいじゃん、これ!とようやく出来上がった詩です。




文芸祭やコンクールで入賞して褒められると、嬉しい(表彰式後、学校でも表彰式再現してくれたり、広報に載るから、周囲の人達からも「見たよ」って褒められる。今年は通ってた幼稚園の先生にもおめでとう言ってもらえたり)その褒めてもらうことが、その先のいろんな自信にもつながっていいなと思ってます。
夏休みの宿題で、がんばって作った初めての標語、こちらも優秀賞獲り、学校代表で上のコンクールに出されびっくり。何だか、この数か月、賞状づいてるお兄ちゃん、がんばってるぞ。


ただ、標語も一人では作れないから、私がヒントや言葉かけをした。
今回の詩も向かい合って、引きだした。


このまま、こうして息子の言葉引き出してると、自分だけでも書けるようになるのかな。それとも、変に創作に関わらず、放っておけばいいのかな。自分が詩が好きで、だから、息子や娘から、小さい頃だからこそ生み出せる詩みたいな言葉のつぶやき聞きたくて。それをノートとかに書きとどめて(どこかコンクールに出すのでもなく)私自身の財産としてっていうのが、ホントは理想^^。そんな思いがあるのですが、でもどうそれを導いていいのか、う~ん???と考えあぐねる私。


ま、いいや、詩という形式はともかく、野遊びいっぱいして、釣りして、本読んで、心の奥底に、豊かさ自然にたまっていくのが、一番かな。


さて、もう11月夜長の季節ですねえ。
文学の秋、皆様、時には詩集借りるのなんていかが?
結構楽しいもんですよ゚+.(´∀`*).+゚.








Que*sera
わ~い!おめでとう!!!
さすが~、ちゅまちゃんの息子だよ~。
すごく心に響く詩だね。
お母さんの上手な導きあってのことだよね。

それにしても、三好達治の詩、なつかしいな~。。。
昔教科書に載ってたよね。
すごくシンプルだけど、読むと、蟻が葉っぱを運んでいる情景が
心に浮かんできてね。

ウチはまだ言葉を書くことはしないけど、
絵は、私の方から「こうして描くんだよ」とほとんど言ったことはなく
(「○○かいて」とは言われて描くことはあるけどね)、
クレヨンも3原色しか与えてないんだけど、
最近、自分ですごくのびのびといろんなものを描いているよ。
その、型にはまらない意外な発想や、子供らしいとらわれないのびのびとした絵、
色の使い方なんかが、すごく素敵で面白いんだよ~。

2008/11/04(火) 23:56:30 | URL | [ 編集]
スターファイン
素敵な詩・・・。
子供の頃の心にしかうつらない「今」を上手にひきだしてあげるすべを知ってるちゅまさん。
子供たち、シアワセものだなぁ。
豊かな気持ちが大人になってず~っと続くかどうか。
こうやって、形になることもすごく大切なことだと思います。
認めてもらえるって大人になってもうれしいことですよね。
本当に、受賞おめでとうございま~す。

2008/11/05(水) 01:50:26 | URL | [ 編集]
akizo
素敵な詩ですね、素直な心がそのまま言葉になった感じで。
子供のころ住んでいた町が様変わりして寂しい気分になったことを思い出しました・・・

LOも素敵~ちょっと寂しげな詩の雰囲気と合っていますね!
2008/11/05(水) 18:11:06 | URL | [ 編集]
mina
さすがちゅまさんちのお兄ちゃん!芸術してますね~。
竹のザワザワする音・虫の鳴く音 そして聞こえなくなってしまった
寂しい気持ち。
こんなに短い文章なのにちゃんと伝わってくる!
でも、これを導き出すのに悪戦苦闘してるちゅまさんの姿も想像出来て
ちょっと親近感♪
最後には《いいじゃん!》の作が出来て本当に良かったね。

シンプルな格好イイLOでお兄ちゃんの詩が引立ってますね。
それに(モザイク付きながらも)お兄ちゃん、凄く凛々しい感じになって
ません?
気がつけば3年生も半分以上過ぎたお互いの長男くん。
どんどん可愛いLOが似合わない【男】って感じになって行くのね~。
2008/11/05(水) 21:49:27 | URL | [ 編集]
宮田まり
季節感もしっかり含んでいて、風景が想像出来る素敵な詩ですね。
これだけ短い文で凄いです。
この言葉を引き出して詩にもっていくちゅまさんのやる気も凄い!
ちゅまさんにも賞を差し上げたいわ!!
こんなしっかりした舞台で、大人に混ざっての堂々の受賞。
これからのお兄ちゃんの自信と力になっていくでしょう。
素敵な子育てだと本当に思います(^^)/
2008/11/06(木) 10:42:22 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/06(木) 12:12:43 | | [ 編集]
ちゅま to Que*seraちゃん
>すごく心に響く詩だね。
嬉しい言葉、ありがと^^

>それにしても、三好達治の詩、なつかしいな~。。。
なつかしいでしょ、今子供のころ読んだ詩を読み返すと
当時の空気感とか蘇ってきたり、大人になった視点で
新鮮だったり、おもしろいんだ。

>型にはまらない意外な発想や、子供らしいとらわれないのびのびとした絵、
ホント、絵でもそう、こういう発想って子供ならではだよね。
どんどん、いろんなこと習って、固定概念できる前に
のびのび~自分の世界広げさせたいよねえ~、お互いに☆

2008/11/06(木) 21:05:39 | URL | [ 編集]
ちゅま to スターファインさん
>「今」を上手にひきだしてあげる
そうなんですよ、スターファインさん。

見守るのもいいことだし、自分で創るという自立心も
大事だし、っていろいろ考えるけど、でも
"今持ってるもの"を引き出したいからの働きかけ^^

>こうやって、形になることもすごく大切なことだと思います。
ありがとう、何かほっとしました^^
2008/11/06(木) 21:06:19 | URL | [ 編集]
ちゅま to akizoさん
>子供のころ住んでいた町が様変わりして寂しい気分になったことを
そうですよね、時代の移り変わり、時々せつないですよね。

LOもそんな寂しさ伝わったのなら大成功です^^
文字に雰囲気出すだけで、印象ずいぶん違いますよね。
そんなのもおもしろい!!
2008/11/06(木) 21:06:53 | URL | [ 編集]
ちゅま to minaちゃん
悪戦苦闘がんばりました。去年は(図書券嬉しくて)来年も詩
書く?と聞いたら「うん♪」と即答だったけど、今年は「う~ん、
来年考える!」だって。生みの苦しみ・・・です^^

お兄ちゃんまだまだ、幼いですが、この写真、息子にしては
ちょっと、粋に写ってて私も気に入ってるんです。
役員のいろいろ落ち着きつつあり、少しずつですがLO作る時間
とれるようになってきました。
また刺激よろしくね゚+.(´∀`*).+゚.
カッコいいお兄ちゃんのLOも楽しみにしてマス!!
2008/11/06(木) 21:07:44 | URL | [ 編集]
ちゅま to 宮田まりさん
私にもがんばった賞ありがとうございます^^
大舞台でしょお、今年も去年も、何周年という節目の年
なので、例年より広いホールでの表彰式となりました。

>これからのお兄ちゃんの自信と力になっていくでしょう。
ホント、そうなるといいな。子育て、今結果見えないことでも、
いろんなことつながっていきますもんね、お互いがんばりましょお^^
2008/11/06(木) 21:09:37 | URL | [ 編集]
ちゅま to - さん
コメントありがとうございます。
ヨカッタ、これからますます作るの楽しくなっちゃいますねヾ(〃^∇^)ノ
2008/11/06(木) 21:11:30 | URL | [ 編集]
ゆきのじょう
いい詩だね♪
みんなが書いてるようにさすがちゅまちゃんの息子^^
これを読んでたら、そういえば昔は私も詩を書いてたな~って思いだしちゃった(小学校1年生の時〈古っっ 笑 〉は「日食」という題で金賞とったんだよ~^^)。いつの時からか、「詩」という表現方法がなんだかこっぱずかしく感じるようになっちゃったような。。。
どんな形にしろ、自分の気持ちを言葉で表現するのは素晴らしい!
せっかく人間は言葉を使えるんだから、その言葉を楽しまなきゃね。
息子ちゃんも詩を楽しめるといいね^^
2008/11/06(木) 21:39:18 | URL | [ 編集]
たんたん
わぁ!いい詩だね~~。実はあたし、日にちを間違えてたみたいで、
気づいた時には展示終っててさ(泣)あんなに近いのに見に行けなかったぁって残念だったんだ!よかった^^
あたしなんて詩を作るの大の苦手だったからこういうの出てくる発想いいと思うなぁ。
親がどこまで引き出すかっていうのを考える気持ちなんかわかるなぁ。
そういうものって自分で生み出すか、誰かに教わるかだし、身近に詩を書くの得意なママがいて、ヒントを得るって恵まれてる素敵なことだよ。
そうやって子供の脳みそにヒントが入って大きくなって一人でできるようになるんじゃないかな~。
あたしはまた明日結婚式のため長野入りしてくるよ^^今回は電車。
リフレッシュしてきま~す。
2008/11/07(金) 00:10:36 | URL | [ 編集]
reori
おにいちゃんすごーーーい!!おめでとう!!
いい詩です!!
向かい合って言葉を探るなんて、私にはとっても素敵なことだと思うんです。
私は最近長男に怒ってばっかり。
いつも学校に送り出してからどっぷり自己嫌悪(ちょうど今時間)
お互い向かい合ってゆっくりお話したり、したいなぁ・・・。
そんな中からこんなに心豊かな詩がでてくるんだよね。
ちゅまさんの言葉
心の奥底に、豊かさ自然にたまっていく
って本当にそう思います、改めて文字にすると本当にそうだな、
うん、もっと私もどしーんと構えて叱ってばっかりを改めて
受け止めなくちゃなって思いました。
久々にお邪魔させていただいたコメントなのに、
長文になっちゃってごめんなさい(汗)
2008/11/07(金) 08:14:42 | URL | [ 編集]
tamie
ちゅまさん
おめでとうございます!
詩やお話が生まれようとしてるその瞬間に立ち会える
って、こちらまで幸せになりますね。
今つくってるソフト、ちゅまさんちのお子さんたちにも
早く使ってほしいから、急いで完成させなきゃ。
「竹は虫と歌ってる」っかぁ… いいなぁ…。
2008/11/08(土) 18:01:17 | URL | [ 編集]
ちゅま to ゆきのじょうちゃん
小1で「日食」ってタイトルだけでも十分なインパクト・笑
金賞なんてすごいし、やっぱり大人になっても、ふんわり
覚えてるもんだよね、そういう思い出って。
>「詩」という表現方法がなんだかこっぱずかしく感じるようになっちゃったような
そう、こっぱずかしいのです・笑。だから私OL時代とか
「詩書いてま~す」なんて人に言ってないもんなあ。
ブログだからこそかける分野、この趣味は^^
その点いいよね、子供は、どんな言葉発しても純真でさ~!
K君も、これから、いろんな言葉話し出して、ママの
こと、嬉しくさせてくれたり、ホント楽しみ☆彡
2008/11/08(土) 20:38:51 | URL | [ 編集]
ちゅま to たんたんちゃん
短歌や俳句といった、短詩型しか展示されなくてね、今回の現代詩
は展示はなしなんだ。だから逆に日にち間違えててもらってよかった!
>親がどこまで引き出すかっていうのを考える気持ちなんかわかるなぁ。
詩じゃなくても、工作とかいろんな分野にもあてはまるよね。
変に吹き込んで、子供ののびのびさ、奪わないようにって心配しちゃって。
たんたんちゃん言うとおり、ヒントが入って大きくなって一人で
できるようになってくれるといいな。

お~、またまたの長野入り、お疲れさま、結婚式づいてるね。
おめでたいことでの、お里帰りは足取りも軽いね、気をつけて!!
2008/11/08(土) 20:39:55 | URL | [ 編集]
ちゅま to reoriさん
reoriさんも、おめでとコメントありがとうございます☆
詩は普通みんながしない余分なことさせてる、って自覚してるので、
創作時間は努めて笑顔、怒りモード封印で、和やかにしてます。

ただし、普段の私は怒ってばっか。ここ数か月、落ち着いてきてる
んだけどね。2年生途中くらいから、3年1学期くらいまでの長期間が
一番ひどく、息子にイライラしたり、と同時にぺっこり気分凹んでました。
自己主張強くなるし、言いわけもするし、それに対して、下の子は
(勉強とかない分、ストレスも少ないし)うまく立ち回って、怒られ
ないようにして、すると母は下の子ばっか可愛くなって・・・。で、
上の子に対してだけさらに、イライラつもって。ホント朝起きてから
キーキーしてました。最近その波が越えたのは、息子の態度もほんの
少し落ち着いたのが大きい。私もなるべく寛容に考えるよう意識向け
たりもしてるし。いやいやそれでもやっぱキーキーしてるけど^^
お互いそういう時期だよね。みんなみんなそういう時期だよね。
がんばろうね~!
2008/11/08(土) 20:42:00 | URL | [ 編集]
ちゅま to tamieさん
tamieさん、いよいよソフト大詰めですよね!
慶応や大阪のイベント準備から引き続いての多忙な
日々、どうか健康でといつも案じてますヨ^^
そのイベントの時の絵本作成ソフト記事からも、
子供たちの発想の豊かさ伝わってきてました。
ウチの子も作ったら喜ぶなと、ワクワク待ってます♪
PS去年の冬、子供と3人でピッケ主役の童話作りました。見て
見て~とお送りするほど深い内容じゃなかったのですが、その
時も、いい親子時間だったんですよ(^_-)-☆
2008/11/08(土) 20:47:43 | URL | [ 編集]
akizo
ちゅまさん、こんばんは!
ところで、突然ですがお知らせさせてください。この度「DSBカレンダー交換会」を開催します。
mixiのコミュ http://mixi.jp/view_event.pl?id=36859193&comm_id=1202127
私のブログ http://digital-scrapbooking-japan.blogspot.com/2008/11/2009-1.html
に詳細があるのでぜひご覧ください!ご参加お待ちしています♪
2008/11/09(日) 18:55:43 | URL | [ 編集]
来夢
受賞おめでとうございます!
(*'∇')/゜・:*【祝】*:・゜\('∇'*)
8行という短い詩の中に情景や気持ちや
今と昔の時間が感じられました。
こんなふうに表現できるのも才能あってだと思うのですが
やはりちゅまさんが日頃から親しみを持たせるように
していらっしゃるからですよね^^
暖かい部屋でのんびりと詩集を読む・・・
なんか贅沢な時間のような気がします(笑)
2008/11/10(月) 14:21:54 | URL | [ 編集]
ちゅま to akizoさん
akizoさん、いつもお役立ち情報ありがとうございます。
カレンダー交換、楽しそうですね。
期日中にできるかな、どうかな、とかなり迷った
のですが、その頃、また子供会役員ばたつく時期
なので(私が担当することになった写真の方に
ご迷惑かけてもいけないし)不参加とします。
でも今後イベントあれば、挑戦したいな!
これからもよろしくお願いします"(@´▽`@)ノ"""
2008/11/11(火) 18:44:51 | URL | [ 編集]
ちゅま to 来夢さん
来夢さん、お祝いコメントありがとうございます^^
たった8行・・・端的に伝えることは、私もなかなか
できないので素直に息子を感心します^^
暖かい部屋でのんびり詩集、うん、贅沢な時
ですね☆彡。あと旅先の公園で、なんても。
主婦に忙しい今、特にそんな時間、ちょっと
憧れです(^_-)-☆
2008/11/11(火) 18:45:36 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。