--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2010/03/17(水)
『*お母さんの詩*』

隣県の文芸祭「秀作賞」知らせるハガキが到着して、自分の中で、ようやく宿題が消化できた気持ち。

この文芸祭「自然と人間」という大きなテーマなので、毎年、どんな内容で書こうか、本当に思い悩んで、行き詰まる・・・。これ書いた時も「自然か~、人間か~」って、歩いて考え、眠る前に考え、朝起きて考え、子供見ながら考え、一人の時考え、そうして悩んだ末「よし、等身大でいこう」そう行き着いて、今の自分そのまま~を表現して産まれた詩。

 

table_s.gif


 

~帰りつく場所~

涙もろく感激しやすい
母性というやわらかい部分に我が子をくるみ
ゆんらり揺らし ゆんるり歩む
私という全身が優しい乳母車であった
そんな頃が私にはあって
そんな頃の私を今の私は尊いと思える

それからわずか後
以前よりぷっくらした幼子の手
少し痩せた体ちょうどおさまり
今度私は一筋の杖
時にひかれるままついて行き
時にまだおぼつかない足取りを
確かかもしれない方へと導きもした
一緒に陽に焼け雨に濡れ
季節とも一緒になって鬼ごっこ
思い出の底の方
ずっと息づく母子並んだ影法師

そうしてここからは
「お帰りなさい」が一番先に言える場所
玄関の手すりとなって佇む私
握った手の平からこぼれ降る
昼間の光すくいとったきらめきや
母の知らない曲のハミング
まとってきた外の色彩が眩しい

慣れるだろうか

帰りつく場所に母の待つという
生涯続く物語
今その長いはじまり
あたたかく切なくそしてこれも尊い

table_s.gif

つづく


 
 
子供の成長の速さに喜びつつも戸惑う、まだまだ未熟な「母」である自分と、


それから、
私がめげても、凹んでも、何かあれば、同じように待っててくれる「実母」が今この世にいるという感謝と、


そうして
世の中、母というものは、皆、子供のこと思って。手を差し伸べれば支える気持ちで過ごしてる、という尊さ。
逆に、誰もの人の心の中には、一生「母」っていう支えが在るという、偉大さ、



そ~んないろんな思いをこめた「お母さんの詩」







omajinai.gif

さてさて、明日は、娘の卒園式・・・。
4月からは、もう1年生。



長い長~いと思ってたべったり育児時期、

実際、二人分あっという間に過ぎちゃいました。



親の手の届かないところへ、どんどん、どんどん、進んでく。
心配性の私は、日々心配しながら、でも待つことだけしかできないなあ、ってホントに実感する日々。





寝付かせも、兄妹二人で眠ることできるようになってるし、面倒だって思うこともよくあるけれど、これもあと何年もない、そう思うと、隣で眠ってるのがものすごく愛しくなる。



限りがあると思うことは不思議なことですね~。




春、みなさん、出会いと別れの季節、
先生から、上司の方から、離れてしまうママ友達から、
いろ~んな言葉が響く季節でもありますねえ~o(´∇`*o)


体に気をつけてお過ごしくださーい。






その他、過去に掲載の詩<こちら
たんたん
卒園おめでとう!!!
今日の良き日を無事に迎えられて嬉しい限り!
詩も私の胸の中にしっかり届いたよ~。
私も、自分もそうだし、子供達にもそうだけど、この世にいて欲しい、いてあげないと^^ってすっごく思う。
存在自体が心強いってあるよね。
あと、子供が成長するにつれて感じる寂しさもちょっぴり理解できる今日このごろ。
私は子離れができるかな?!

いつもちゅまを追いかけて^^助けられてここまでやってこれたよ!

これからも子育ての先輩としてアドバイスよろしくお願いしま~す。

また卒園式話聞かせてね!!

Mちゃん卒園おめでとう!!K花が歌いにいくよ~~。
2010/03/18(木) 06:59:16 | URL | [ 編集]
ゆきのじょう
眠れぬ夜にふとみた『*お母さんの詩*』
ありがとう。ハハである自分を実感でき、勇気づけられたよ。
また頑張れます。
そして、卒園おめでとう。
出会いとお別れの春。Mちゃんにとって素敵な出会い、そして
ママであるちゅまちゃんにとっても素敵な出会いのある春でありますように。
2010/03/19(金) 04:54:22 | URL | [ 編集]
ちゅま to たんたんちゃん
卒園おめでとメールもありがとね。卒園しちゃったよ~!
明日まだ英語教室が1時間残ってるけど、それ終わったら
本当実感しそう。
集合場所のみんなともお別れ寂しいな。
虫取りするのに、車で送迎するのに、今まで通り、またウチ
の前停めてね。S君もK花ちゃんも進級おめでとう☆彡☆彡
詩も読んで受け止めてくれてありがとう。
お母さんってすごい存在だよね。
まだまだがんばろーね~o(´∇`*o)
2010/03/22(月) 22:43:56 | URL | [ 編集]
ちゅま to ゆきのじょうちゃん
ゆきのじょうちゃん、ありがとう。
自分が書いた詩で勇気づけられた、なんて、言ってもらうこと
入賞した以上に、むちゃむちゃ嬉しい^^
母というものは、いつになっても、悩みっぱなし。
凹んだり、でもまた子供の可愛い寝顔みて浮上したり、
お互いがんばろ~ね。4月K君もまた一つ進級だね☆彡
2010/03/22(月) 22:47:24 | URL | [ 編集]
125
卒園おめでとうございます!!
こういう節目、いろんなことが思い出されて
普通に通り過ぎてく毎日が当たり前ではないことに気が付きますね。
>限りがあると思うことは不思議なことですね~
って一文にすんごく同感しました。
私も園生活があと1年って改めて気が付き、
園に通う時間が大切に思えてて、
ちょっと淋しくなってたりします。
最近夕食後のトランプ時間、子供達が笑って私が笑って主人が笑う。
考えてみればそんな時間は私の宝物です。


詩もとってもすてき。
そんなお母さんになりたい。
漠然と思いました。
私だったらこんなにステキに伝えれることできない!!
言葉に出来ることがすごいです。
ちゅまさんは表現できる側の方だな~って尊敬☆☆
2010/03/28(日) 04:15:00 | URL | [ 編集]
ちゅま to 125さん
お母さんの詩、読んで頂いてありがとう。
趣味の世界、これからも精進します^^
もう4月。125さんも、進級や新役員さんでばたばたお過ごしでしょうか。
>園に通う時間が大切に思えてて、
>ちょっと淋しくなってたりします。
そうそう、これ本当にそうです。お兄ちゃん時は下の子の
時また来るな、なんて思ってたけど、人生でもう我が子の
園生活最後って思うと、格別ですよね。
年長さんの行事ひとつひとつが宝物、大切に過ごしてねえ~。
家族のトランプ時間もいいですねえ~、新年度からも
にぎやかな、ファミリーで♪
2010/04/02(金) 20:50:07 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。