--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/02/09(木)
『旅心!』
ブログ見はじめて3ヶ月…。いろんな人が、いろんなつぶやきをしてる。
"みんな違って、みんないい"まさにそんな感じで、いろんな発見、刺激があります。

最近読むようになった一心さんのブログ「chinookの吹き下ろす地より」
私、こういう世界も大好きです!!

shinnyato.jpg

それに通じる話ですが、
私が、今まで観た映画やドラマの中で一番心に残ってるモノ。それは"↑"
つづく
 


「沢木耕太郎」というルポライターが実際旅したことを綴った、ノンフィクションドラマ「深夜特急」です詳しくはこちら。ものすっごく好き。


沢木耕太郎さんが、好き、なのではなく、大沢たかおさん、が好きなのでもなく(ご両人とももちろん好感もってますが)"ドラマの主人公である大沢たかお"という架空の人がとーっても憧れ。


よくテレビでやってる旅番組はテレビカメラがついてきます。
「わーーキレイ!美味しい♪」とやってますが、何となくテレビ向けの番組という感じでしらじらしい(旅好きなので参考に、しかも楽しんでいますけれど(^_^)v)。あと、昔流行った、ヒッチハイクで旅する番組達。もちろんがんばってるな~と応援したくなりますが、じゃあ、テレビカメラがなかったら、あの根性は続くか、というと???


その点、深夜特急は違います。"旅ありき"なんです。テレビカメラももちろんないし、仕事として旅行記を書くために各国巡ったのでもありません。ライターとして残しておきたい感情や出来事を、書き留めていたものが結果ストーリーになった。それが、旅の醍醐味として生々しく伝わってくるとこがとても好き。


私、人生のルート同時に2つ歩めるのだったら、もう一方この主人公みたいに旅したい!!でも生まれ変わっても、また1つしか人生歩めないのであれば、やっぱり「1人旅は危ないから」「堅実な道が一番」と無難な方に走るだろうなと思います。旅でもバイクでも、憧れは人一倍強いくせに、いろんなしがらみから抜け出せず、平凡な方に進むのもまた私なので・・・。


だからこそ、今この瞬間、テレビカメラなしで、本当に旅してる人や、過去、自分の力で世界を見てきた人(何ヶ国とかじゃなくても、国内自転車の旅とかでも!)、自分にできないことしている人全て、尊敬し、心から格好いいなあと思います。


私がいつもブログに書いてる、キレイな景色を見ると感動することも、(拾ってきた木の実とか、お土産とか)モノに思いいれが入ることも、全部根底に、旅への憧れがつながってるんですよねえ~。


それからこれもいつも書くように、海外や遠くじゃなくてもいいんです、今、この場所から、数キロ歩いて、普段見すごしてる景色に目を向けるだけでも私にしては"旅"そのもの。
観光名所に"行くまでの道のり"とか、普段"見過ごしてる風景"とかに目を向けて、これからも旅心だけはもっていたいなと思ってマス。


いつもながら長くなってしまいましたが、
みなさんもそれぞれが、それぞれに、素敵な心の旅を(^_-)-☆
amies
こんにちは*^.^*
私も今日の午前中、一番のお気に入りの図書館に行きましたが…。
なんとっ…図書カード忘れてしまいました。(>_<)ヒエ~ッ
で、徒歩50Mの近い方の図書館へ今から出かけようと思います。
こちらには、AV関係が置いていないのですよね。(涙)

また面白い本があったら、是非紹介して下さいね。(^o^)丿
2006/02/09(木) 13:41:06 | URL | [ 編集]
一心
どうもです、一心です。
以前会社で周ってましたよ「深夜特急」。自分この本の名前ぐらいしか知りませんで、勝手にとある深夜特急で起こった殺人事件を元にしたサスペンス小説と思っており(笑)、後輩にえらく馬鹿にされまして・・・(苦笑)。バックパッカー(ちなみに今は、「バッパー」になるらしいですね。コレも知りませんでした。)のバイブルみたいですね。

>普段見すごしてる景色に目を向けるだけでも私にしては"旅"そのもの。
見慣れている景色を違う角度から眺めに行く、それだけでも新しいモノを見つける旅になりますよね。僕は海外へ来てやっとそんな気持ちを持てるようになりました。

わざわざエントリーのトップにまで有難うございますm(__)m。リンクの件ですが、こちらからもお願いします。ジャンルは畑違いですが、ボーダーレスってことで(笑)。(初めてのリンクのお申し出でしたので、嬉しくてチョット踊ってからのカキコでした!)
2006/02/09(木) 16:09:14 | URL | [ 編集]
ちゅま to amiesさん


行くつもりのなかった方の図書館に行って
そこで見つけた本もまた出会いの1つかもね☆

私は作家でいうと、宮本輝が大好きです。
「流転の海」「ここに地終わり海始まる」・・・
どの作品読んでも余韻にひたれます。
「道頓堀川」も"なにわ"な感じが好きで~す。 

機会があればamiesさんも一度お試しくださーい!!
2006/02/09(木) 21:08:41 | URL | [ 編集]
ちゅま to 一心さん

最初私が一心さんのブログにコメント書いた時、
こっちのブログ見たら、全然かけ離れた主婦~なブログ
なので???だったと思います。

でもこの記事にある通り
>バックパッカー(ちなみに今
に果てしない憧れがあるので・・・笑

というわけで、こちらのブログ記事の多くは、これからも
一心さんの生活からは遠いトコだと思うので、コメントは
どうぞお気軽に!
こちらはこれからも是非愛読させてくださいね!!

ちなみに、「ルート66」にもすっごく憧れてます。
"おんボロのジープ"または"でっかいハーレー"で端から端まで…。
ちなみにバイク免許は無。えぇ妄想です(^_^)v
2006/02/09(木) 21:19:21 | URL | [ 編集]
KEN
こんばんわ

心の旅・・・いいフレーズやなぁ

ふとん入って寝たら都合のええ夢で旅はしてるけど
昨日水中を泳いでて息が出来なくなり「ハッ」と目が覚めた。
嫁さんの手がのどにのってた・・・オイオイたのむわ
2006/02/09(木) 23:05:09 | URL | [ 編集]
ちゅま to KENさん
KENさん、こんばんは!!

夢での"心の旅"もありありだと思いますよ(^_^)v
KENさんの場合は、奥様からの合いの手が・・・
我が家の場合は、
息子のキックと、娘のパンチが飛んできます。
お互い気をつけましょう☆
2006/02/10(金) 21:23:28 | URL | [ 編集]
YOME
ちゅまちゃん、過去記事に書きこみごめんね。
すごくうれしいよ~~!趣味がいっしょだったの!!
ちょこっと来るのが遅くなってごめんね。ゆっくり記事を読みたかったし、ゆっくりコメントを書きたかったの。

大沢たかおの・・・良かったよね。YOMEは大沢たかお編は、沢木耕太郎のファンになってから、だいぶ経っていたから、イメージ変わったらイヤだなあと思っていたのだけど、本編とはまた違ってよかった!著者の沢木さんにも、俳優の大沢さんにも魅力があるってことだよね。

何度も読んだこの本・・・旅行の前には読みたくなっちゃうんだけど、しゅまちゃんみたいな>>>数キロ歩いて、普段見すごしてる景色に目を向けるだけでも私にしては"旅"そのもの>>>
考え、捕らえ方にまた感動してしまったよ。
子供が生まれてからは旅行も遠くへ、ましてハードコアな場所へは行けなくて、”まあそれでも、いいか~”なんて思っていたけど、
子供と一緒に旅も出来るね!!
明日からお散歩がもっともっと楽しくなるよ!
ありがとう~~~!!

長々と書いてしまいごめんね。
ちゅまちゃんのこのページ(全部好きだけど・・・)、時々読み返して
もっと、毎日
”旅”を楽しむことにするね。そう。この本を読み返すみたいにね。

ちゅまちゃんに会えて、本当に嬉しいよ~~!コメントありがとう!
2006/05/13(土) 04:21:14 | URL | [ 編集]
ちゅま to  YOMEさん
女の人で、「深夜特急」を大好きな本No.1に挙げる人に会ったのは
YOMEさんが初めてで、かなり感激でした。丁寧に、嬉しいコメント
いっぱい書いて頂いて、ますます感謝、感激です\(*T▽T*)/♪。

沢木さんてすごいですよね。深夜特急だけじゃなく、エッセイとか
読んでも幅広~い知識いっぱいで!それでいて1流の物書きさん
なのに、偉ぶってないとこ、すごく好感もっています。

それにしても、YOMEさんは、インドへふらりと出かけたり、モルジブで
お昼寝三昧・・・。実際に深夜特急の空気を肌で感じてて羨ましいです。
それにその旅のパートナーがご主人さまなんて最高ですね(^o^)丿

ホント子供がいる今、余計そんな旅からは遠ざかりますが、例えば、
単身で結婚式にでかける途中など、列車内で深夜特急読んで、自分の
中で"旅"気分盛り上がります。
知らない土地、見知らぬ空気、たとえ国内でも、私は"旅人"です・笑。
その時、そのタイミングでしか見られない風景に絶対出会えますからね。

>子供と一緒に旅も出来るね!!
>明日からお散歩がもっともっと楽しくなるよ!
ホント、お子さんとの散歩も全くそれと一緒。
小さな子と一緒でなければ、生まれなければ、絶対車で通りすぎてて、目にも
しなかった野原、草花、キレイな石ころ・・・。偶然目を留められてイイナって。。。

でも、いつもいつも思ってられないのが現実。単身と違ってやんちゃ盛りな子供は
いろいろやらかすし、危険もいっぱいだし、余裕ある時限定の気持ちですが(^_-)-☆。


それにしても、YOMEさんは、お料理だけにとどまらず、世界観の広く豊かな方
ですね。知れば知るほど尊敬してしまいますm(__)m 
cyamaさんを通して、YOMEさんとご縁があったこと私も嬉しく思います(^o^)丿
2006/05/13(土) 20:51:32 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/06(日) 23:47:36 | | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。